アトピー肌には潤いが大切|日頃のケアが改善の近道です

ウーマン

低刺激で高浸透がベスト

笑顔の女の人

肌の表面を整える

50代になると、化粧品ののりが以前と比べて悪くなったと感じる人が多くなります。その原因のひとつは、肌のターンオーバー機能が50代くらいになると低下するので、化粧品が完全に落とし切れていなかったりすると肌の浸透力が阻害されてしまうことにあります。そのため、50代女性が化粧品の浸透効果を十分に得るには、まず目に見えない肌の汚れや古い細胞をよく落とすことをおすすめします。50代になると肌へのダメージを警戒してできるだけ低刺激性のメイク落としや洗顔料を使いたがる女性が多いのですが、化粧品が落としきれないようでは問題があります。脂溶性のファンデーションやポイントメイク部分には、落とす効果の高い洗浄料を使うのがおすすめです。

肌の状態に合わせたケアを

50代の女性は更年期に入っていることが多いので、人によっては更年期障害のために肌のコンディションが悪くなりがちということもあります。そんな時期には肌に負担がかからないように、アレルギーフリーや低刺激性の化粧品を使うのがおすすめです。更年期はいずれ終わりを告げるものなので、肌の調子がすぐれないときは肌に無理をさせないことが大切です。一方、肌の調子が特に悪くないという50代女性の場合には、化粧水・乳液・美容液・クリームなどの基礎化粧品をフルに使ってお手入れすることをおすすめします。こうした基礎化粧品を厳選してていねいにケアを行えば、肌のきめが整ってファンデーションののりもよくなっていきます。化粧水の浸透が今イチと感じられるようなときは、はじめに蒸しタオルなどで毛穴を開いてから化粧水を使うと浸透がよくなります。