アトピー肌には潤いが大切|日頃のケアが改善の近道です

ウーマン

洗顔で肌質を向上

洗顔

弱酸性に戻る力

一般的に洗顔フォームには、合成界面活性剤や弱酸性の成分が配合されています。なぜこれらが配合されているのかというと、合成界面活性剤を加えることで泡立ちが良くなり、泡の力で汚れをしっかりと除去できるようになるからです。しかし汚れに加えて皮脂まで除去されるので、肌が刺激を受ける可能性があります。それを防ぐために、肌と同じ弱酸性の成分で作られているわけです。しかし昨今では、合成界面活性剤の配合されていない、弱アルカリ性の洗顔石鹸を使う人が増えてきています。洗顔石鹸は、泡が多くは発生しない分、低刺激です。さらに使用することで、肌はいったん弱アルカリ性に変化しますが、その後ゆっくりと弱酸性に戻っていきます。つまり使用により、弱酸性を維持しようとする肌の力を高めることができるわけです。優しく洗いながら、肌を鍛えることができるため、洗顔石鹸の需要は高まっているのです。

洗顔後にすぐにスキンケア

さらに洗顔石鹸を使用することで、スキンケアの効果が高まります。なぜなら弱アルカリ性の状態への変化により、基礎化粧品が浸透しやすくなるからです。肌は弱酸性の状態が正常なのですから、弱アルカリ性になると、肌が本来持っているバリア機能が低下することになります。バリア機能は、肌が外部からの刺激を拒むためのものですが、これによりスキンケアに使用する基礎化粧品もブロックされます。しかしバリア機能が低下すれば、基礎化粧品はブロックされることなく浸透していきます。そしてその分、高い効果が出てくるようになるわけです。先述したように、洗顔石鹸の使用後は、肌は徐々に弱酸性の状態に戻っていきます。それによりバリア機能も戻っていくので、スキンケアは洗顔後すぐにおこなうことが大事です。